道内中小企業者向け
感染防止対策補助金

メイン画像

道内の中小企業事業者のみなさまへ。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、
対面でサービスを提供する事業者の皆さまが、
感染防止対策の強化のために購入した備品等について支援します。
※本事業は、北海道の補助事業により「飲食事業者等感染防止対策補助金」実施コンソーシアムが事務局となり、実施するものです。

補助金概要

 

※詳細は申請の手引をご確認ください。

補助対象者
※申請要件を全て満たす必要があります。

中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する道内の中小企業者(道内に本社・本店を有する中小法人、道内に住所を有する個人事業者)で道内に店舗を有し、主たる業務において対面でサービスを提供する事業者

(例)飲食店、キッチンカー、小売店、学習塾、エステサロン、スポーツジム等

※士業、不動産業等、事務所の商談スペースや受付も対象です。

申請要件

①業種別ガイドラインに基づく感染防止対策を実施していること。

②事務局の制作したeラーニング(紙冊子での受講も可能)を事前に受講し、感染防止対策に係る計画を策定すること。

③事務局が行う現地確認調査に応じること。

④補助対象として申請した備品等に関して、国、市町村等が実施する他の補助金等を申請・受給していないこと。

⑤飲食事業者においては、飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けていること。

補助金額

補助上限額:75,000

※ 補助対象の金額は税抜、
補助金額は千円未満切り捨て

※ 申請は1事業者につき1回限り

補助率:3/4以内

対象経費

令和3年6月18日から申請日までの間に
購入、設置、支払が完了した備品

具体例

①飛沫感染予防対策

アクリル板、防護スクリーン
※ アクリル板仕切りの自作、ビニールカーテンは対象外

②接触感染予防対策

非接触体温計、サーモカメラ、
非接触ソープディスペンサー、足踏み式消毒液スタンド、
非接触消毒液ディスペンサー、非接触オーダーシステム、自動水栓

③換気による感染予防対策

空気清浄機(性能等の基準あり)、サーキュレーター、換気扇、CO2センサー(性能等の基準あり)
網戸(※張り替えも対象)、換気機能付きエアコン、加湿器(性能等の基準あり)

④その他

上記購入備品の導入・設置に伴う送料、設置費も対象

申請方法等

Step:1 eラーニング動画を視聴

Step:2 利用者登録の上、理解度チェックを受講し、修了証を受領。
※紙冊子の送付を希望される方は、コールセンターまでご連絡ください。

Step:3 申請書をダウンロードの上、様式に記入、添付書類を準備(※手引8ページ参照)

Step:4 申請書を郵送(レターパック、簡易書留等)にて送付

送付先:
〒060-8791 飲食事業者等感染防止対策補助金事務局(※住所の記載は不要)

※簡易書留やレターパックなど申請者が郵便物の追跡かつ配達時に受け取り確認ができるもので郵送してください。

※郵便料金不足のものについては、受付できませんので返却となります。

受付期間

eラーニング受講期間 ※紙冊子での受講も可能です。

【第1回目】 
2021年7月30日(金)〜8月31日(火)

【第2回目】 
2021年9月  1日(水)〜12月17日(金)

※ ご注意ください!

· 補助金の申請にはeラーニング・理解度チェックを受講し修了証を取得いただく必要があります。(紙冊子での受講も可能です。コールセンターまでご連絡ください。)

· 予定数に達した時点で受講を締切ります。(受講状況は下記Step2理解度チェック・修了証再発行をご覧ください。)

申請受付期間

2021年7月30日(金)〜12月24日(金) ※消印有効

※ ご注意ください!

· eラーニングの受講修了証をお持ちでない方の申請は受理できません。

· 事前にeラーニングを受講し、受講修了証の発行を受けてください。

Step:1 eラーニング動画

【ご注意ください】音声が流れます。

高画質版(約170MB)

低画質版で再生する(約70MB)

Step:2 理解度チェック・修了証再発行

Step:3 申請書類

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ先

飲食事業者等
感染防止対策補助金事務局

011-330-8299(コールセンター)

対応時間
 午前8時45分から午後5時30分まで 
※平日のみ

     「飲食事業者等感染防止対策補助金」 の
不正受給は犯罪です。